水のトラブルでの元栓修理

水のトラブルの際に多く起こるのが蛇口の修理です。蛇口の内部にはゴム製のパッキンが使用されていますので、経年の劣化に伴い段々と擦り切れてしまいます。パッキンの部分を新しい部品に交換することによって、元のように快適に水道を使うことができます。

■自分で交換することもできます

蛇口 交換は自分ですることもできます。必要な工具があればそれほど難しいものではありません。専門の業者に依頼する必要もありません。しかしながら蛇口の交換をする場合には必ず、水道の元栓を閉めて水の流れをストップさせることが必要です。元栓を開いたままで交換を始めてしまうと水が家の中にあふれてしまうことになりますので注意が必要です。元栓を閉めていても蛇口から水が出る場合があるため、バケツや雑巾はあらかじめ用意しておくといいでしょう。

■元栓の交換はこまめにおこなう

蛇口内部のパッキン部分の交換は必要性を感じたらすぐに行うようにすることが肝要です。劣化したパッキンの状態で無理に水を止めようとすると水道本体を破損してしまって大惨事になってしまうこともあります。慣れてしまえば簡単に交換修理ができますので、こまめにパッキンの交換を行って快適に水道を使って行くことを考えるべきです。もしも自分で交換することに不安を感じるのであれば、専門の業者に交換を依頼してみるといいでしょう。

■まとめ
蛇口などにあるパッキンが劣化した場合の水のトラブルは、速やかに新しい物に交換することがお勧めです。それほど難しい交換作業でありませんので、自分で交換をすることも可能です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ